エッセンシャルオイル アロマセラピー 効能 効果 使い方 選び方などの

FrontPage

エッセンシャルオイルの効能で心身をリラックスする。

エッセンシャルオイルとは 

  • 植物採取した抽出液、精油といえるものです。花、葉、実など植物の中で香り成分が多く含まれている部分から抽出、精製されたものがエッセンシャルオイルです。
  • 採取した植物により特徴があり、の香りも実にさまざま違っていて個性があります。精油には有効成分が含有されていて、心身に作用します。
  • エッセンシャルオイルの香りを利用したものがアロマセラピーです。

エッセンシャルオイルの特徴

  • 採取対象の植物
    • 植物の花、葉、茎、果皮、樹皮、根、種、樹脂などのエキス
  • 成分
    • 抽出法を用いて採取される芳香物質。
  • 特性
    • 揮発性。
    • エッセンシャルオイルのほとんどは液体。固体、また半練り状もある。
    • 透明無色(あるいは淡黄色)

エッセンシャルオイルの効果

  • 抗菌
  • 血管拡張、血液の促進
  • 安眠効果
  • エッセンシャルオイルが緩和するなど主な作用
    • 炎症を緩和し、粘膜の症状を和らげる。
    • せき、流感、咽喉感染症、カタル症状、喘息、肺結核、副鼻腔炎に有効。
    • 風邪と花粉アレルギー症による鼻づまり。
    • 各種の感染症
    • 体温を下げ、体に冷却効果、デオドラント
    • 片頭痛を和らげる
    • 胆石を溶解させる
    • 腎炎、淋病、糖尿症を治療
    • 出血
    • リウマチ

エッセンシャルオイル アロマテラピー検定

~アロマテラピー検定は誰でも受験できる基礎的な資格試験~

社団法人日本アロマ環境協会が実施しているアロマテラピー検定です。

  • その試験に出題されるエッセンシャルオイルということは非常にベーシックで、かつ重要なオイルばかりということ。
  • いずれも比較安全に使えるもの、手に入れやすいばかり。最初に数種類、揃えたいという場合にはいい基準になります。

エッセンシャルオイルの基本

  • ユーカリは、以下のような硬化があるといわれています。
    • 切り傷、炎症、潰瘍など疱疹のような発疹。
    • やけど、それぞれ違うタイプの創傷。
    • 皮膚のうっ血にも効果。
    • ユーカリ精油は泌尿器系にも効果あり、膀胱炎や下痢のような障害も効果あり。
    • 神経痛、筋肉痛全般、膿漏にも効果あり。
    • 虫さされや、有毒な動物の咬傷に対し、毒を解毒する作用がある。

エッセンシャルオイルと肌

  • 肌の美容または、毛穴を綺麗にするには、エッセンシャルオイルが効果的でしょう。
  • クラリセージ肌のべたつきを解消し、さっぱりとさせます。
  • クラリセージは神経を落ちつかせ、疲労回復に役立つ香り。夏バテの時期にもぴったりです。
  • シダーウッドシダーウッド
    • やや甘いウッディ系のエッセンシャルオイル。もともとは宗教儀式などでよく使われた歴史のある植物です。瞑想状態を作る香りとして知られます。寝苦しい夜にぴったりです。
    • スキンケア効果としては、肌を消毒する、引き締め効果に優れる、といった作用があります。
  • ジュニパーベリー
    • 毛穴を引き締めます。またニキビや毛穴のつまりに効果が望めます。
    • ジュニパーベリーは本来、発汗や利尿といった作用で体をきれいにする植物です。
    • 肌に対してもそのような力を発揮してくれます。
  • ミカン科のエッセンシャルオイル
    • レモン、グレープフルーツ、オレンジビター、ベルガモットなどはその成分の中に紫外線に反応して、肌に炎症をおこす。
    • しみ、色素沈着やかゆみなどを示すものが含まれています。

エッセンシャルオイルでアロマセラピー

  • 香りが良いので人気です。思わず深呼吸したくなる。スキンケアだけでなく、リラックスタイムも与えてくれます。そしてエッセンシャルオイルは肌から吸収される。香りを嗅ぐだけでなく、エッセンシャルオイルは肌に塗ることもできます。
  • フレグランスオイルやポプリオイルは香りだけを楽しむものですが、天然100%のエッセンシャルオイルなら、肌への効果が望めます。保湿、肌細胞活性、血行促進なども、睡眠改善にも役立つので、夏バテが残っている人ならますますアロマがオススメ。心身ともに今の気分を癒してくれる、美しくなれること請け合いです。
  • 個人別々の生活があり、日々のハードな仕事や複雑な人間関係など、アナタの周りにはストレスの原因となることばかりです。
    リフレッシュしたいなら、エッセンシャルオイル アロマセラピーが癒してくれます。最初は、自分の心身の状態にあったエッセンシャルオイルを選ぶことが重要です

エッセンシャルオイルの注意点

  • そのまま肌につけない、服用しない。また、妊娠中の使用は避ける、光毒性のものなど、場合によっては 有害となってしまうものもあります。それぞれの特徴を必ずチェックしてからご使用することが重要です。
  • これらのエッセンシャルオイルを皮膚に塗った場合、すぐにその部分を紫外線に(日光に)当てないようにします。
  • 自然の植物のエキスですが、エッセンシャルオイルは強力な為,原液まま使用すると肌を過敏にしたりアレルギー反応を引き起こしたりします。希釈して使用ます。
  • ベースオイルと混ぜるならエッセンシャルオイルは1〜2%で十分です。

エッセンシャルオイル:入浴時の使用

  • 浴槽などに入れるときは、5〜6滴ほどでいいでしょう。

エッセンシャルオイルの商品

~エッセンシャルオイル関連の通販ショップ~

>>>エッセンシャルオイル<<<

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional